Top > 無双武将・蜀

無双武将・蜀
HTML ConvertTime 0.052 sec.

趙雲

chouun.jpg仁に惹かれる若き龍。
忠義に篤く、誠実な若武者。乱世に仕えるべき主を求め
各地を歴訪した末に、劉備の人柄に惚れ込み臣下となる。
後に、蜀の五虎大将に数えられる。性格は穏やかだが、
戦場では大軍に対し単騎で斬り込むほどの闘志を示す。

関羽

kanu.jpg義の刃を持つ軍神。
蜀の五虎大将の筆頭に挙げられる。
義を重んじ武に長けた稀代の英雄で、
劉備、張飛と義兄弟の契りを結び、蜀の建国に尽力した。
長い髯を帝に「美髯公」と賞賛され、それが通称となる。
義兄劉備とはまた異なる人間的魅力で、敵味方問わず人を惹きつけた。

張飛

chouhi.jpg無比の豪勇。
劉備、関羽と義兄弟の契りを結ぶ。豪放磊落な生粋の戦士。
単騎による大喝一声で、曹操の大軍の追撃を退けるほどであった。
子供のように純粋だが、それ故やや短気で直情的に過ぎる傾向がある。
また、無類の酒好きでもあり、それが災いして失敗することもあった。

諸葛亮

syokatsuryou.jpg至高の知。
礼と義に殉じた、当代きっての天才。
三顧の礼に応えて劉備に仕える。
明晰な判断力と公平無私な言動で、一国を支えるほどの信頼を得た。
白い羽扇を手に、戦場に神算を描く。

劉備

ryuubi.jpg大いなる仁。
前漢の中山靖王・劉勝の末裔と称す。
義兄弟の関羽・張飛とともに乱世を戦う。
情深く義に篤い名君。
理よりも感情に走る向きがあるが、
その温かい人間性によって多くの人を惹きつけた。

馬超

bachou.jpg熱き魂の刃
西涼の有力者馬騰の長男。
その武者振りの見事さから
「錦馬超」の異名を持つ。感情豊かで情熱的な若武者で、
真っ直ぐな性格と、ずば抜けた行動力を持ち、
己が信じる道のために槍を振るった。

黄忠

kouchuu.jpg枯れるを知らぬ武人。
老いてますます盛んな歴戦の猛将。老境に達した者が持つ
独特の無邪気さと、武人の苛烈さを持っている。
弓の名手で、百発百中の腕を誇り、五虎大将に任命されるほどの
活躍を見せた。

姜維

kyoui.jpg龍の跡を継ぐ麒麟児。
天水の麒麟児と称された若き将。
諸葛亮の後継者として深く信任され、兵法を託される。
五丈原の戦いの後、度重なる魏への侵攻の指揮を執った。
その実直さと責任感の強さから、斜陽の蜀を最後まで支えつづけた。

魏延

gien.jpg異形の仮面。
淡々と敵を斬り倒していく狂戦士。
その強さ、風貌、言行により、敵味方問わず恐れられる。
劉表配下だったがその死後、劉備に降った。
このとき、反骨の相があるとして諸葛亮が反対するも
劉備は受け入れ重用した。

龐統

[Upload]おどけた奇才。
諸葛亮とは同門の出で、
臥龍・鳳雛と並び称された天才軍師。
飄々とおどけて振舞うが、その実、大局を見極め、
歯に衣着せずに本質を喝破する。

月英

getsuei.jpg龍の妻。
諸葛亮の妻。黄承彦の娘。
夫の知略を武勇で支えようと、戦場に立つ女性。
また、武芸のみでなく天文から地理・兵法と広く学問に通じ、
諸葛亮を陰に日向に支えた。
しとやかだが、戦場では凛然と立ち振舞う。

関平

kanpei.jpg次代の武。
元は河北の関定の次子。
劉備ら義兄弟が合流する時、関定の家に泊まったことが縁で
関羽の養子となった。純粋、実直な性格の持ち主であり、その気質と義父である関羽への
憧憬から、劉備の軍に参じて後、瞬く間に武芸の腕を高めた。

星彩

seisai.jpg若き守り手。
張飛の娘。乱世の只中に生まれ、劉備軍の名だたる武将に
囲まれて育ち、自らの意思で戦場に立つことを選んだ。
劉備の息子、劉禅を守ることを使命とし、蜀漢の未来を担う。
直情的な父に似ず、常に落ち着いていて感情に走らない少女。

劉禅

ryuzen.jpg仁を継ぐもの。
劉備の息子。
人間的な魅力で数々の英雄をひきつける劉備の
息子として、周囲の人々に期待されてきた。
すぐに行動を起こさずに、熟考して物事を判断する。
そのため反応が遅く、過剰な期待を寄せる周囲から暗愚と
誤解されることがある。

馬岱

batai.jpg陽気な苦労人。
馬超の従弟。曹操に故郷を奪われた後、
馬超と共に蜀に仕える。苦労人だが、言動は陽気。
諸葛亮の信頼を得、魏との戦いにおいて
重要な局面を任される将となった。

関索

kansaku.jpg天然色男。
関羽の息子。
真面目でひたむきな性格で、物事に懸命に取り組み、
人に対しても常に真摯な態度で接する。
「花関索」として、民からの人気が高い。
また、無意識に女性の心を捉えることが多い。

鮑三娘

housanjo.jpg天然元気娘。
鮑家の三女。戦場で出会ったとある美丈夫に
興味を持ち、そのままついてまわるようになる。
物怖じせず、明るく前向きな性格。

徐庶

josyo.jpg悩める軍師、策と感情の間に。
司馬徽の門下生。
優秀な軍師でありながら、撃剣の使い手でもある。
過去に、知人の敵討ちを断りきれずに手伝ってしまい、
追われる立場となった。
そこで武だけでなく、学も必要と学問所の門を叩く。
後に劉備に仕え、軍略の重要性を伝えることとなったが……。
最終更新日:2015/04/27